記事詳細ページ

【長井市】ティンガティンガワークショップ(令和2年12月3日)

【長井市】ティンガティンガワークショップ(令和2年12月3日):画像

 

 タンザニア発祥の絵画「ティンガティンガ」のワークショップが12月3日、豊田小学校で開催されました。このワークショップは昨年も行われ、今回が2回目となります。タンザニアから来日中のティンガティンガアーティストのズベリ・ダイブ・マウラナさんとアフリカの物産などを取り扱う螢丱薀の新本友さんが講師をつとめました。

 ティンガティンガとはサバンナの動物や豊かな自然、人々の暮らしを6色のペンキを使って、色鮮やかにのびのびと描き出す現代アフリカンアートです。  

 ワークショップでは、豊田小学校5年生の22人が、赤・青・黄・緑・白・黒の6色の絵の具(本来はペンキを用いる)を使い、それぞれの思い描く色で個性あふれる絵を描きました。また、ワークショップ前にはタンザニアに関する〇×クイズが行われ、楽しみながらタンザニア文化を学びました。参加した児童は「6色だけしか使えないところが難しかったが、自分だけのオリジナルの絵を描けて楽しかった」と話しました。

2020.12.04:[3ch 長井の今]
  • 長井市
  • 長井市公式フェイスブック
  • 長井市観光ポータル
  • ながいファン倶楽部

今日 248件
昨日 331件
合計 1,372,426件

Copyright© Nagai City All rights reserved.